院政時代

2012年12月05日

第24回 白河法皇(院政の開始)

024-1

1107(嘉承2)年、その堀河天皇も29歳で崩御し、宗仁親王が5歳で即位した。


これが鳥羽天皇である。



「俊明よ。」


「はっ。」


「善仁が
29歳の若さで崩御し、孫の宗仁は僅か5歳。そこに関白はあの頼りない忠実じゃ。これでは、のんびりと隠居している訳にはいかんのう。」


「御意に御座います。」


「ところで公実より、宗仁の外伯父ということで、摂政の位に任じて欲しいとの申し立てがある。忠実は、頼りないゆえ、公実に任せてみようと思うが、どうじゃ。」


「その儀は、お退けあそばす方が宜しいかと存じます。頼通、師実、師通殿が摂政関白として廟堂に尽くされた功績は大きく、その嫡流である忠実殿を抑えて、公季殿以後、
5代傍流であり続けた公実殿を摂政に任ずるのは、御堂家を蔑ろにすることとなります。」


「わかった。公実の望みは取り上げないことにする。」



堀河天皇が崩御し、関白忠実が頼りにならない現実から、自然と白河法皇自身が国政を先導せざるを得なくなり、後に
院政と呼ばれる政治を開始することになる。


院政の権限の源泉は、天皇の直接的な父権に基づくものであったため、専制的な統治を可能とた。


このとき、忠実と摂関家にとっては、最大の危機が鳥羽天皇の践祚と共に起こった。


白河法皇も摂関職を誰に任せるか一時迷うが、院庁別当の源俊明(醍醐源氏)の反対でその望みは斥けられ、忠実は辛くも摂関の地位を保持することができた。

これ以降、天皇の外戚に関係なく、藤原忠実の子孫のみが摂政関白に昇れるようになった。

続きを読む

sunwu at 05:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
最新コメント
Amazonライブリンク