2012年11月22日

第14回 平将門(承平天慶の乱)

014-1

平高望の子たちは、坂東の地で、それぞれの所領に分かれて領地開発を行った。


そして孫たちは、京との絆が切れるのを防ぐため、西行して有力貴族に仕官していた。


あわよくば、任官を受けて、中央政界での立身出世を狙っていた。


この頃、国香の子の貞盛は左馬允を拝命しており、良将の子の将門は摂関家の藤原忠平と主従関係を結んで滝口の武士をしていた


将門は、摂関家を足掛かりに任官を目指していたが、その前に父良将が亡くなり、後を継ぐために忠平に暇乞いをして坂東に下った。


しかし、いざ帰郷してみると、父良将の遺領の多くが伯父の国香や良兼に横領されてしまっていた上に、帰途を二人に待ち伏せられて襲撃されるという憂き目に遭った。


これは、良将が源護の娘を娶らなかったことと、兄たちを差し置いて鎮守府将軍に任ぜられたことが、多分に関係があると思われる。

 


「伯父上、いったいこれはどういうことですか!?」


「どうもこうも無いわ!!大人しく京で過ごしていたら良かったものを!!それ、将門の首を取れ!!」

 


国香、良兼兄弟の軍勢は、将門の軍勢を散々に打ち破ったが、将門を討ち取ることはできなかった。


こうして辛くも逃げ切った将門は、父の本拠地であった下総国豊田郡に逼塞し、勢力を挽回させようと企図した。


続きを読む

sunwu at 10:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)摂関政治時代 

2012年11月21日

第13回 藤原時平(昌泰の変)

013-1

「時平、如何致そう。父が弟の斉世親王を皇太弟にするという噂だが・・・。」


「陛下、煙の無いところに、噂は立ちませぬ。」


「そうよな、やはり父上は私に譲位を迫るのであろうか!?」



醍醐天皇は、深い溜息をつく。



「陛下の妃であられた為子内親王が亡くなられ、私の妹である穏子の入内を陛下が決められてからと言うもの、法王は不機嫌でございます。」


「父も、陽成上皇の皇子に皇位が移るのを心配しておられるのに、どうして時平の妹を入内させるのを嫌がられるのであろう。父上自身、時平の父基経のお陰で皇位に就けたというのに。」


「思いまするに、我が父が阿衡の件で、法皇に恥をかかせたからではないでしょうか。」


「それにしても、弟を天皇にするなど、父上はどうかしている。」



時平は思い詰めた表情で、醍醐天皇に奏上する。



「斉世親王は、法皇ご寵愛の右大臣道真の娘婿です。この件には、道真が絡んでおるのは間違いありますまい。」


「それなら諦めねばならぬか。」


「何を言われます。陛下は天皇ですぞ。できぬことはございません。」



こうして
1
25日、突如醍醐天皇の宣命によって菅原道真は大宰権帥に降格された。


これを
昌泰の変という。


このとき宇多上皇は、醍醐天皇に菅原道真の左遷を止めさせようとして内裏に入ろうとしたところ、宇多上皇自身が陽成上皇を入れなかった先例を盾にして、それを阻まれてしまった。



続きを読む

sunwu at 09:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)摂関政治時代 

2012年11月20日

第12回 平 高望(坂東平氏の成立)

012-1

「父上。」


「どうした国香。」


「坂東というところは、都とは違い見渡す限りの荒野ですなぁ。」


「そうとも。だからこそ、開墾すべき土地が数多とある。」


「父上は、この坂東に骨を埋めるおつもりか!?」


「ああ、都に戻ったところで、たかが知れている。治天の君の曾孫なんぞは、都では捨てるほどいる。」


「はぁ。」


「ところが坂東は違うぞ。都より遠く離れているが故に、皇族などは一人もいない。」


「すると父上は、この坂東の地で、元皇族という血筋を利用して・・・・。」


「そうよ、最大限に利用して、この坂東の地を我が一族のものにする。だから、おまえだけでなく、良兼や良将も連れてきたのだ。」


続きを読む

sunwu at 09:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)摂関政治時代 

2012年11月19日

第11回 藤原基経(阿衡事件)

011-1

887(仁和3)年1121日、宇多天皇が即位した

宇多天皇は先帝の例に倣い大政を基経に委ねることとし、左大弁橘広相に起草させて、


「万機はすべて太政大臣に関白し、しかるのにち奏下すべし」


との詔をする。


基経は先例により一旦辞退する。


天皇は橘広相に再度起草させて、


「宜しく阿衡の任をもって卿の任とせよ」


との詔をする。


阿衡は中国の殷代の賢臣伊尹が任じられた官であり、この故事を橘広相は引用したのである。


ところが、


「阿衡は位貴くも、職掌なし。」


と文章博士であった藤原佐世が、基経にその解釈を告げたことにより大問題となるのである。


続きを読む

sunwu at 13:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)摂関政治時代 

2012年11月18日

第10回 藤原良房(応天門の変)

010-1

「火事だ!!」


「火事だ、逃げろ!!」


866
(貞観8年)閏310日、応天門が紅蓮の炎に包まれた。


応天門は、元々大伴門と呼ばれており、代々大伴(伴)一族が管理している門だった。


火災後、時の大納言伴善男は、右大臣藤原良相に左大臣源信が犯人であると告発する。


善男は源信を誣告するが、反対に善男自身が放火犯にされ、伴氏と仲の良かった紀氏が共に罪を受けることになった。


この事件の処理に当たった藤原良房は、伴氏・紀氏の有力官人を排斥し、事件後には清和天皇の摂政となり藤原氏の勢力を拡大することに成功した。


続きを読む

sunwu at 10:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)摂関政治時代 
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
最新コメント
Amazonライブリンク